topmenu01topmenu02topmenu03topmenu04topmenu05

ひながトピックス

福祉制度の利用や地域生活で困りごとを支援します。
患者様の抱える生活問題の解決や、社会参加に向けての相談支援をおこなう専門職です。当院の医療福祉相談室では、地域生活で利用すると便利な福祉制度や施設の利用案内などをおこなっています。患者様一人ひとり違う『その人らしい生活』の実現のため、適切な支援を一緒に考えていきたいと思っています。
正職員を募集しています。
<採用条件>
勤務時間 午前8時30分~午後5時00分 (休憩45分)
休  日 日曜・祝日を含め年間115日(週休2日)
1週間平均労働時間 37.26時間
有給休暇 年次有給・就職6ケ月後10日(最高20日)、特別休暇あり
初  任  給 基本給 208,000円
手当 住宅手当等諸手当あり
通勤手当 最高45,000円までは全額支給
賞  与 年2回 支給(前年度実績 4.2ヶ月分)
昇  給 年1回(前年度実績 1.3%)
加入保険 健保、厚生年金、雇用、労災
退  職  金 退職金制度・定年60歳再雇用制度あり
そ  の  他 宿舎 無 労働組合 無
<応募要領>
応募書類 履歴書・卒業見込証明書または成績証明書・健康診断書
受付期間 平成29年8月2日~平成29年9月18日
選考方法 筆記(小論文)・適性テスト・面接
選考日時 平成29年9月20日(水)
選考場所 総合心療センターひなが会議室 四日市市大字日永5039番地
備  考 病院見学を随時、受け付けております。
ご案内いたしますのでご希望の方は、希望日時をご連絡ください。
<お問い合わせ>
☎ 059-345-2356
担当:医療福祉科 後藤敦子  /   総務部 奥村 明

社会医療法人居仁会では、患者様や地域の方々を対象として調査・研究を行っています。

このような調査・研究について、
□ あなた又はご家族等が対象になっているか確認したい場合
□ あなた又はご家族等のデータ等を対象から除いて欲しい場合
□ 研究計画書の内容を知りたい場合
□ 当法人が保有する個人情報の開示を希望される場合
□ その他のお問い合わせ・ご相談がある場合
には、以下の各調査・研究の相談窓口へお申し出ください。

ただし、他の患者様や地域の方々の個人情報・権利利益の保護及び研究者の知的財産の保護等の観点から支障がある場合や、当法人の権利利益を害するおそれがある場合には、研究計画書の閲覧や個人情報の開示のご希望に応じられないこともありますので、ご了承ください。

詳細はこちら

平成29年8月 10日(木)  通常診療
       11日(金) 休診日
       12日(土) 休診日
       13日(日) 休診日
       14日(月) 休診日
       15日(火) 通常診療
 

 障害者相談支援センターソシオが事務局を担当している四日市障害保健福祉圏域自立支援協議会こころのバリアフリー推進部会が主催で、下記概要の啓発イベントを実施します。皆様のご参加をお待ちしております。

テーマ 地域へGO! 出会わなきゃはじまらない!~私もあなたも地域の一員~
日 時 平成29年2月25日(土) 開場11:00~ 開演13:00~
場 所 四日市地域総合会館 あさけプラザ(所在地:四日市市下之宮町296-1)
     大ホール,第1展示会議室,第2展示会議室,第3展示会議室
主 催 四日市障害保健福祉圏域自立支援協議会こころのバリアフリー推進部会
    (事務局:障害者相談支援センターソシオ) 
内 容
◆当事者による落語
◆わかば共同作業所による演劇 『ハッピーウェディング オブ マウス 2016』
◆シンポジウム~精神科病院から退院して~
◆うつ病啓発動画『黒い犬』上映会
◆地域の障害福祉サービス事業所による展示・バザー
◆バーチャルハルシネーション(幻覚体験)
◆ストレスチェック
◆こころの病がわかる絵本展示  等

定 員 300人
主 催 四日市障害保健福祉圏域自立支援協議会こころのバリアフリー推進部会
参加費 無 料
その他 要約筆記,手話通訳を用意しています
問合先 障害者相談支援センターソシオ 下方 宏明・林 寿恵

平成28年度こころの健康・福祉のフェスティバルチラシ

 

あなたらしく地域で自立した生活ができるように応援します!

精神科訪問看護とは

患者さんやそのご家族が地域で安心して生活が送れるように、看護師や作業療法士などがご家庭を訪問し、お話を伺いながら看護サービスの提供や生活上の支援をさせていただきます。

私たちができること

病状の観察や病気とのつきあい方の助言
お薬の相談
健康に関する相談
日常生活の支援や相談
社会参加に関する相談
ご家族の支援 など

スタッフの紹介

当ステーションは、看護師はもちろん、作業療法士、精神保健福祉士など多職種で訪問看護に関わります。また、精神科看護の経験が豊かなスタッフばかりですので、安心して訪問看護を受けていただけます。



ご利用にあたっては

1.訪問看護ステーションにご相談ください。
スタッフから訪問看護について説明させていただきます。

2.主治医に訪問看護の利用についてご相談ください。
訪問看護をご利用いただくには、主治医からの指示書が必要です。

3.内容・利用料金などの説明を受け了承がいただけたら、契約を行います。
初回訪問の日を決め、訪問看護を開始します。

*当ステーションは、近隣の心療内科・精神科クリニックに通院されている方の訪問看護もお受けします。

訪問看護を受けるには、主治医の指示書が必要です。

精神科訪問看護指示書

 

対応エリアについて

四日市市内及び周辺地域です。詳しくはお問い合わせください。

 

営業日・サービス提供時間について

営業日・営業時間:月~金曜日(8時30分~17時)、土曜日(8時30分~12時15分)
訪問看護の提供時間:9時~16時、土曜日(9時~11時30分)
休日:日曜日・祝日・第3土曜日・他の土曜日午後・年末年始(12月30日~1月3日)、盆休み(2日間)

 

費用について

各種保険の適応です。自立支援医療制度が利用できます。*自立支援医療の追加申請が必要です。

利用料金表

 

お問い合わせ先

社会医療法人居仁会 心の訪問看護ステーションひなが

  電話:059-340-6151

(訪問中で電話に出られないことがあります。その際は、留守番電話にお名前とご連絡先、メッセージを残してください)

受付時間:月~金曜日8時30分~17時、土曜日8時30分~12時15分(休日を除く)

 

 

総合心療センターひながでは、院内に治験審査委員会を設置し、
治験に参加していただく方の人権や安全を守るために、
治験の開始前から終了後まで継続的に審査を行っています。

■治験審査委員会の記録の概要 NEW!

2016年

1月

201601

7月

201607

2月

201602

8月

201608

3月

201603

9月

 201609

4月

201604

10月

5月

 201605

11月

6月

 201606

12月

 

総合心療センターひなが 診療部 治験管理科
〒510-8575 三重県四日市市大字日永5039
TEL:059-345-2356(代表) 担当:三輪・藤田

 

女性の活躍に関する情報公表〔管理職の割合、男女の平均勤続年数(青字)〕・行動計画

平成27年8月28日成立した「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」について、その情報公表、一般事業主行動計画は次のとおりです。

当法人の場合、一般では管理的立場にある女性の割合11.3%に比して52%です。又、平均勤続年数は女性12.0年、男性14.2年であり、一般及び他の医療・福祉の機関の平均勤続年数より長いという特徴があります(平成24年の厚労省データによる)。今回は、さらに女性が働きやすい職場を目指して下記の行動計画を策定いたしましたので、ご周知ください。

(尚、法律の性格上、「次世代育成支援対策推進法」による行動計画(第3回目)と内容が重なる部分があります。)

総合心療センターひながでは、院内に治験審査委員会を設置し、
治験に参加していただく方の人権や安全を守るために、
治験の開始前から終了後まで継続的に審査を行っています。

■治験審査委員会の記録の概要

2015年

1月

201501

7月

201507

2月

201502

8月

201508

3月

201503

9月

201509

4月

201504

10月

201510

5月

201505

11月

201511

6月

201506

12月

201512
 

総合心療センターひなが 診療部 治験管理科
〒510-8575 三重県四日市市大字日永5039
TEL:059-345-2356(代表) 担当:三輪・藤田

平成27年度こころのバリアフリー講演会のご案内 

 障害者相談支援センターソシオが事務局を担当している四日市障害保健福祉圏域自立支援協議会こころのバリアフリー推進部会が主催で、下記概要の障害者差別解消法啓発研修会(こころのバリアフリー講演会)を実施します。皆様のご参加をお待ちしております。
 

テーマ 私にとっての当たり前=みんなにとっての当たり前? ~やさしく学ぶ、障害者差別解消法~

日 時 平成28年1月23日(土)13:00~16:00

場 所 あさけプラザ(四日市市下之宮)

内 容
・行政説明:障害者差別解消法について
・わかば共同作業所による演劇
・障害当事者の体験発表
・記念
講演 「地域で誰もが当たり前に暮らせる明日に向けて-ACT-Kの実践から-」
 講 師 金井 浩一 氏(たかぎクリニック 精神保健福祉士  ACT-K チームリーダー)
 ACT(Assertive Community Treatment :包括型地域生活支援プログラム)とは、重い精神障害のある方が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう様々な職種の専門家チームによって必要な支援を提供しようとする取り組みです。  

定  員 300人

主  催 四日市障害保健福祉圏域自立支援協議会こころのバリアフリー推進部会

参加費 無 料

その他 要約筆記,手話通訳を用意しています 

問合先 障害者相談支援センターソシオ 下方宏明・林 寿恵

平成27年度講演チラシ

総合心療センターひながでは、院内に治験審査委員会を設置し、
治験に参加していただく方の人権や安全を守るために、
治験の開始前から終了後まで継続的に審査を行っています。

■治験審査委員会の記録の概要 

2014年

1月

201401

7月

 201407

2月

201402

8月

201408

3月

201403

9月

201409

4月

201404

10月

201410

5月

201405

11月

201411

6月

201406

12月

201412
 

総合心療センターひなが 診療部 治験管理科
〒510-8575 三重県四日市市大字日永5039
TEL:059-345-2356(代表) 担当:三輪・藤田