topmenu01topmenu02topmenu03topmenu04topmenu05

早期支援事業について

児童・思春期・青年期は人生の中でこころの不調をもっとも体験しやすい時期といわれています。 精神疾患も早期発見・早期支援が重要です。 早期から専門的支援を受けることで、順調に回復する可能性が高くなります。 そのために、こころの不調を感じている若者が、早期から安心して相談できる環境を整えることが大切です。
当院では早期支援の取り組みとして、クリニック3階デイケア早期リハビリコースの外に、院外の機関と協力して以下の2つの活動を行っています。
1.YESnet:四日市早期支援ネットワーク
YESnetは、こころの病気の早期支援とよりよい回復を目的として、四日市において設立されたネットワークです。 四日市市教育委員会、四日市市保健所と当法人が協力してこころの病気の予防と早期支援に努めています。
四日市早期支援ネットワーク
画像をクリックすると拡大します
 YESnet(四日市早期支援ネットワーク)について.pdfダウンロード
■活動例 ・教員向けの研修会 ・中学生向け精神保健の授業 ・早期支援の啓発ポスター ・医療従事者向けの講演 ・事例検討会など