topmenu01topmenu02topmenu03topmenu04topmenu05

スペシャリストによる チーム医療体制

チーム医療のリーダーとしてスタッフの専門性をひきだし治療します。
病気の症状や経過をみて確かな診断をおこない、患者様に説明し治療をすすめていきます。治療中もいろいろな方向から情報を収集し、またチームスタッフの専門的な知識を活用しながら、処方や治療方針を最善の方向へと修正していきます。経過にあわせて、ご家族と面談もおこない、退院後の計画をたてていきます。
不安な入院生活を支え,貴方らしく自立できるようサポートします。
入院治療は服薬とリハビリテーションが主になり、患者様を中心に多職種が介入し早期の退院を目指します。その中で看護師は患者様と医療スタッフのパイプ役となり、患者様が主体的に治療に参加できるよう支援します。治療に対する不安や悩みなどの相談はもちろん、入院生活をされる上での必要なセルフケアの援助などもおこないます。
病院のリハビリテーションの最前線を担っています。
作業療法士はリハビリテーションの専門家です。患者様が自分らしさ、自分の生活を取り戻し、いきいきとした生活を送れるよう、身近な活動(スポーツ、手作業、話しあいなど)を使って心と体を回復させるリハビリを作ります。リハビリを通じて患者様の生き方に寄り添い、より良い今とこれからの生活をともに考えていきたいと思っています。
心理検査による診断・治療の補助・心理療法などおこないます。
主治医からの依頼により心理検査や心理療法をおこなっています。心理検査では患者様の心の状態を理解することで診断や治療に役立てていくことを主な目的としています。また、必要に応じて心理療法をおこなっています。心理療法にはさまざまなものがありますが、当院での心理療法は、基本的にはじっくりとお話をうかがうことで問題解決への糸口をみつけていくことを目指すといったオーソドックスな方法をベースとしています。
お薬に関することはもちろん何でもお気軽にご相談下さい!
お薬の専門家として、安全で有効な薬物治療のために持参薬の鑑定・処方の監査・副作用や服薬状況の確認など薬剤管理指導全般をおこなうほか、治療効果をより高めるための心理教育や家族教室などの集団指導も作業療法士や臨床心理士などと協働しておこなっています。また病棟でのカンファレンスにも参加して総合的に患者様の治療にたずさわっています。
効果な栄養指導を懇切丁寧におこないます。
栄養課では、糖尿病食・脂質異常症食・高血圧食・肥満食・腎臓食・潰瘍食などの栄養指導をおこなっています。患者様には退院後も自己管理できるようわかりやすくリーフレットなどを用いて指導をさせていただきます。そのほかにも患者様のニーズにそった栄養相談をおこなっています。
福祉制度の利用や地域生活で困りごとを支援します。
患者様の抱える生活問題の解決や、社会参加に向けての相談支援をおこなう専門職です。医療福祉相談室では、地域生活で利用すると便利な福祉制度や施設の利用案内などをおこなっています。患者様一人ひとり違う『その人らしい生活』の実現のため、適切な支援を一緒に考えていきたいと思っています。
 
患者さまの診断や治療に役立つ検査データーを提供しています.
一般的な血液・尿検査から血中薬物濃度検査や、生理機能検査(脳波・心電図・眼底撮影・超音波)など幅広い検査を、正確かつ迅速に行っています。女性スタッフならではのきめ細やかな心遣いで患者さまに気持ち良く検査を受けていただけるよう心がけています。
 
「患者さまの立場に立って安全、安心して検査を受けて頂ける環境を提供しています。」
私たちはX線撮影装置や放射線診断装置を用いて患者さまの身体的状態の把握や診断、治療を行う上において医師が必要とする画像情報を提供しています。撮影機器や放射線の安全管理を行ない、放射線に関する相談や検査に対する説明、問い合わせなどに対して患者さまの立場に立って、いつでも対応できるように心掛けています