行動的ストレスの症状と解消法

行動的ストレスの代表的な反応

行動的ストレスとは、代表的なストレス反応の種類の1つです。主観的に感じられる主な反応は次の4つです。

1つ目は不眠症。夜中に急に目が覚めたり、寝つきが悪くなったりするのは、行動的ストレスでよくある反応の1つです。しばしば過眠症状を起こすこともあります。2つ目は集中力の低下。睡眠や休憩が足りているのに、日常の活動に意識を向けられなくなったら、注意のサインです。3つ目は感情の不安的さ。小さなことで感情的になってしまうと要注意です。イライラだけでなく、泣きやすくなった、面白くもないことで笑ってしまうという場合も、ストレス反応かもしれません。4つ目は体調の不良。行動的ストレスは身体に直接の影響を表すことがあります。理由が不明の頭痛・胃痛・筋肉痛などは、ストレスが原因かもしれません。

行動的ストレスの解消法

行動的ストレスは、遅刻や早退の増加・仕事でのミスの増加・事故やケガの増加・飲酒量や喫煙量の増加といった形で、社会生活に影響をおよぼすことがあります。行動的ストレスを感じた場合には、次のような手法でストレスを解消するようにしましょう。

まず「運動」をしましょう。体を動かすことで体がリラックスしやすくなります。運動は過度に疲れるもの以外なら何でもかまいません。好きなものを実践してください。「趣味やリラックス活動」に打ち込むのもよいストレス解消方法です。読書・音楽・ガーデニング・料理など、仕事や日常から離れたことに打ち込むとよいでしょう。手軽なストレス解消方法では「瞑想」がおすすめ。短い時間でいいので深呼吸をしながら心と頭のなかを空っぽにしてみましょう。

行動的ストレスは適切な対処をすることで、影響を最小限に抑えられます。日常生活に解消法を取り込んでストレスと上手に向き合いましょう。

心療内科を名駅周辺で探す場合には、あらかじめ主要駅からのアクセス手段を確認しておきます。初診の際は、症状を具体的に説明します。